妊娠線の予防を始めるのに最適な時期

妊娠線を予防するためには、妊娠中にしっかり保湿ケアをすることが重要です。予防をしっかりしておけば、妊娠線ができたとしても最低限に抑えることができます。妊娠線のケアはいつから始めるのが良いのでしょうか?妊娠がわかった時点でケアを始めるママもいればおなかが目立ってきてからケアを始めるママもいます。いったいいつが一番いいのかみていきましょう。

妊娠線ができ始める時期

妊娠線ができ始めるのは、お腹がかなり目立つようになる妊娠後期の妊娠8ヶ月目ころからが一般的です。

しかし、人によっては、6ヶ月頃からできてしまうケースもあります。

妊娠線ケアのはじめ時

妊娠線ケアのはじめ時

妊娠線は人によってできる人とできない人がいますが、体質や妊娠の状況によってできやすい場合があります。
例えば、小柄な人。

小柄な人は元々皮膚の表面積が小さいため、お腹が大きくなることで肌の伸び方が大きくなり、皮膚に負荷がかかるため、妊娠線ができやすいのです。

また、多胎妊娠をしている人は、当然お腹の中にいる赤ちゃんの数が多い分、お腹がより大きくなるため、妊娠線ができやすくなってしまいます。

妊娠線予防のケアを始める時期

妊娠線予防のケアは、一般的には4ヶ月頃から始める人が多いようです。
しかし、予防をしっかりするためには、ケアを開始するのは早ければ早いほどよいのです。

妊娠中はホルモンバランスの変化のために肌が乾燥しやすくなったり、荒れやすくなります。

それは顔だけではなく、体にも現れ、人によっては肌にかゆみが出る場合も。

そのため、妊娠線予防という意味だけでなく、トラブルが起きやすい肌を保湿するという目的でもケアが必要なのです。

妊娠線ができやすい小柄な人や多胎妊娠の人は、特に早めに始めるのがおすすめです。

また、臨月まで妊娠線ができなかったからと安心してケアを怠ると、最後の最後に妊娠線ができてしまうことがあります。
出産のときにいきんだら、産後に妊娠線ができていてショックを受けたなどという経験談も。

そのため、ギリギリまでクリームでの保湿を行うなど、しっかり対策をしましょう。

妊娠線予防におすすめのクリームはこちらです。成分にもこだわってしっかりと妊娠線を予防しましょう。>>妊娠線を徹底的にケア