妊娠するとおなかの真ん中にできる線は妊娠線の仲間?

お腹が大きくなってくるとお腹の真ん中に一本線が入っていることがありますね。この線は妊娠線なのでしょうか?確かに妊娠すると目立ってくる線ですが、これは正中線と言って体の真ん中を走る誰にでもある線のことです。妊娠中は色素沈着しやすくなるため正中線が目立ってしまうのです。

正中線ができる原因

正中線とは、そもそも胎児の頃の細胞分裂の名残の一つなのです。基本的に、目立たないだけで生物であれば誰にでもあるものです。

でも妊娠してホルモンバランスが崩れたり、急激な皮膚の伸びを守ろうとして、メラニン色素が増加することで、目立つようになってしまうのです。

妊娠線と正中線の違い

妊娠線と正中線の違い

妊娠線はお腹が大きくなることで皮膚が裂けてしまうのと比べ、皮膚自体には傷がついていないのが正中線です。

そのため、妊娠線と違い、かゆみや痛みが出ることはありません。

正中線は一旦できてしまうと完全に消すことは難しい妊娠線と違い、産後にホルモンバランスが元に戻れば、時間をかけて薄く、目立たなくなっていくのがほとんど。

しかし、目立たなくなるには半年~1年ほどかかるケースもあります。

妊娠線予防クリームで正中線をケアできる?

いずれ目立たなくなるとは言っても、できれば早めに目立たなくしたいもの。

正中線はメラニン色素が増加していることが原因なので、美白効果のあるクリームなどでケアをすれば効果が得られます。

妊娠線予防クリームは製品によって含まれる成分は異なりますが、美白効果のある成分が配合されたクリームも販売されています。

そういったクリームを使用している場合には、正中線のケアとして使用することもできるでしょう。

ただ、美白成分はあまり強すぎると敏感になっているママの肌にも影響がありますし、おなかの中の赤ちゃんに全く影響がないとも言い切れません。

正中線を予防するという意味では、基本的には妊娠線予防クリームでしっかり保湿をしておくのがおすすめです。

保湿が十分行われていることで、肌の機能は向上し、ターンオーバーが行われます。
ターンオーバーが正常に行われていれば、メラニンをはがすことになるため、結果的に正中線予防になるのです。

妊娠線予防に肌の保湿を忘れずに

妊娠線予防に肌の保湿を忘れずに

妊娠線は一度できてしまうと残念ながら元に戻すことは非常に難しいのですが、正中線はメラニン色素によってできているので、出産後にホルモンバランスが正常になれば自然と消えていきます。

基本的にはそんなに神経質にならなくても大丈夫です。ただ、妊娠中は肌が乾燥しやすく、大きくなるお腹に皮膚がついていけずに肉割れ、いわゆる妊娠線を作ってしまう原因を作ってしまいます。

妊娠中は、妊娠線予防クリームなどを使ってしっかりとお肌を保湿することがとっても大事です。産後もきれいな体を保つようにしましょうね。

妊娠線予防のクリームはこちらのクリームがおすすめです。
>>妊娠線を徹底的にケア