妊娠線ができる理由と予防方法

妊娠してお腹がどんどん大きくなってくると、赤ちゃんの存在が実感として感じられるようになってきます。でも、大きくなるお腹を見ると、気になるのは妊娠線のこと。女性なら、できれば妊娠線ができてしまうのは避けたいですよね。

妊娠線ができる理由は?

妊娠線は全体の6割程の妊婦さんにできると言われています。妊娠線ができる原因は大きく分けて二つ。

一つめの原因は、お腹の中で赤ちゃんが成長したり、体全体がふっくらすることによって、皮膚が急激に伸びてしまうこと。

皮膚の表面は成長に合わせて伸びることができますが、真皮や皮下組織の一部は伸びにくく、亀裂が生じてしまうのです。

亀裂が入った場所は皮膚が薄くなっていて、赤紫色の線状班となります。

妊娠線ができる理由と予防方法

妊娠線ができる理由と予防方法

この線状班は時間がたつにつれ、白っぽく変化していきます。

そしてもう一つは、妊娠によるホルモンバランスの乱れによる影響です。

妊娠中は、通常と比べてホルモンの分泌量などが変化しますが、その結果、肌荒れやニキビなど肌トラブルが発生しやすくなります。

また、体内で水分が必要になることで乾燥もしやすくなり、肌自体が弱くなってしまうことで、妊娠線のできやすい肌環境になっているのです。

妊娠線を予防しよう!

妊娠線を予防するにはどうすればよいのでしょうか。

まずは体重のコントロールをしっかりして、急激に体重が増えないようにすることです。

最近では、様々なトラブルを防止するため、妊婦さんに対する体重指導は厳しくなってきていますので、お医者様の指示に従いましょう。

適度な運動をして筋力をつけることも、妊娠線の予防になります。

妊娠後期になると体が重くなり、運動をするのが億劫になってしまう妊婦さんも多いですが、無理のない範囲でウォーキングなどをしておくと、安産にもつながりますよ。

また、肌が乾燥して弱くなっていると、妊娠線ができやすくなるので、保湿はかなり重要。

妊娠線予防クリームや美容液を使ってマッサージをして、肌の潤いを保ちましょう。

妊娠線はお腹だけでなく、脂肪のつきやすい胸、お尻、太ももなどにできることが多いため、しっかりケアしておきましょう。